セミナー情報

セミナー検索(リハ職向け)

セミナー検索(ナース向け)

マイナビ_バナー

  • リハノメ_バナー
  • メルマガ_バナー

書籍・雑誌

2019年9月15日刊行

2019年9月15日刊行.
★大好評発売中★
「誤嚥性肺炎ケア基礎知識」
詳しくはこちら
--------------------

★11月15日発売★

脳卒中リハビリテーション
最新号第2巻第3号

2019年11月15日配本
特集は「脳卒中後上肢麻痺に対する課題指向型アプローチUpdate」
詳しくはこちら
--------------------

★10月15日発売★

訪問リハビリテーション
最新号第9巻4号

2019年10月15日配本
特集は「クライアントマネジメント〜新しい捉え方と展開〜」
詳しくはこちら
--------------------

★10月15日発売★

小児リハビリテーション
最新号vol.05

2019年10月15日配本
特集は「変化と評価をみる」
詳しくはこちら
--------------------

--------------------

★7月1日発売★

【第二版】写真でわかる!
1冊で習得する!
嚥下障害エクササイズ&ストレッチ
マスターBOOK

2019年7月1日発行
詳しくはこちら

  • セミナーに参加した方のアンケート
  • 訪問看護ステーション
  • デイサービス
  • 採用情報

セミナー情報

  • HOME
  • セミナー詳細

セミナー情報の一覧に戻る

  • セミナー番号 N20034
理学療法士が主役になる!非特異的腰痛に対するアプローチ〜症状にあったアプローチをするための分類化と介入方法を学ぶ〜名古屋会場〜
ねらい非特異的腰痛に興味がある若手セラピストを対象に、定義をはじめとして、非特異的腰痛を様々な視点より解説します。受講したあとには非特異的腰痛についての概要、介入するための全体像が理解できるようになると思います。
講師三木 貴弘 先生
札幌円山整形外科病院 リハビリテーション科 主任・理学療法士
講義概要非特異的腰痛は、腰痛の中でも85-90%を占めると言われております。また、手術適応ではなく、運動療法、患者教育などをはじめとして多角的な介入が必要となります。それは理学療法士が中心になって評価、介入することが必須であり、理学療法士が主役となるべきことを意味しています。

非特異的腰痛に対しては、世界では今も研究が進められており、現在まで日本では知られていないことも含めて様々なことがわかってきています。その中で世界において主流となっているのが「Classification=分類」です。非特異的腰痛という大きなものを、さらにサブグループ化し、それぞれにあった特異的な介入を行う、という考え方です。

今回のセミナーでは、Classificationの例を紹介しつつ、実際の症例も交えて非特異的腰痛をどのように考え、どのように介入したらよいのかの流れを提示できればと思います。また、最新のエビデンスを引用し、科学的に非特異的腰痛の事実をお伝えいたします。
プログラム午前
1.腰痛はなぜ難しいか?

2.腰痛を適応で分類する〜Red flags、特異的腰痛、非特異的腰痛の違い〜
 理学療法適応外を見極める;Red Flagsの考え方
 非特異的腰痛の定義,考え方

3.腰痛を急性期腰痛と慢性期腰痛の違い〜痛みのメカニズムを中心に〜
 生物―心理―社会モデルに基づいたPain Science
 急性期の腰痛の痛みの原因
 慢性期の腰痛の痛みの原因
 急性期腰痛と慢性期腰痛の介入方向の違い

4.急性期の非特異的腰痛のマネジメント
 急性期腰痛に対する最新のエビデンス
 スクリーニングツール使用のすすめ
 最新エビデンスに基づいたマネジメント:2019年でスイスで行われる世界理学療法学会(WCPT)でのワークショップの最新知見を踏まえて

午後
1.非特異的腰痛のClassification(分類)とは?
 なぜClassificationが有効か?
 世界で使用されているClassificationの紹介
 O’Sullivan Classification system(OCS)の紹介

2. Classificationに必要な主観的評価・客観的評価
 問診
 神経学的検査
 自動運動検査
 他動運動検査
 骨盤帯痛かどうかを見極めための検査
 筋機能検査
 モーターコントール検査
 心理社会的因子の概要の説明と評価方法

3.OCSに基づいた実際のclassificationの進め方
 Movement障害とMotor Control障害
 屈曲型腰痛,伸展型腰痛,回旋型腰痛
 中枢性感作性腰痛
 骨盤帯痛
 心理社会的因子は腰痛にどのような影響を与えるのか?

4.Classificationに基づいたそれぞれの介入

※プログラムは追加・変更になる場合がございます。

【必要物品】
簡単な実技を行う予定のため、スカートやヒールなどの動きにくい服装はお控えください。
開催日時2020年3月28日(土)
10:00〜16:00(受付9:30 〜)
会場株式会社gene 本社 セミナールーム
愛知県名古屋市東区葵1丁目26-12 IKKO新栄ビル 6階
※駐車場などの手配は致しかねますので、公共交通機関をご利用の上、ご来場下さい。
対象理学療法士・その他

【講師からのメッセージ】
手術適応ではなく、原因が複雑に絡み合っている非特異的腰痛は、多角的な視点を持つことができる理学療法士が主役になるべきものだと常々思っております。腰痛は、日本も含めて世界中で罹患率が常に上位にある疾患であり、その中の85%が非特異的腰痛です。非特異的腰痛を学ぶことにより、1人でも多くの腰痛に苦しんでいる人達を救えると信じています。この講義がそのきっかけのひとつとなれば幸いです。
受講料12,800円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。


※再受講割引制度適用セミナー 弊社主催セミナー割引制度に関するご注意はこちら
受付状況受付中
アンケート過去開催アンケートはこちら
 

 

セミナー情報の一覧に戻る セミナー情報の一覧に戻る

セミナーお申し込みに際しての注意点
お申し込みは下にございます、内容をご理解いただいた上で、次へお進みください。

※諸般の事情により、開催日や会場の変更が生じたり、開催が中止になることがございます。
 あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。


1.受付は開講時刻の30分前より開始致します。受付にて受講料をお支払い下さい。お取り扱いは現金のみとなります。

2.会場は飲食可能な会場となりますので、各自でご用意ください。

3.駐車場等の手配は致しかねますので公共交通機関をご利用の上、ご来場下さい。

4.領収書・受講証明書は当日、昼休憩時にご用意致します。
途中でお帰りなられる際は領収書のみ発行致しますのでスタッフまでお問い合せ下さい。

5.セミナー中のビデオ撮影、ボイスレコーダー、携帯電話の録音機能、その他これらに類する行為は原則としてお断りしております。

6.キャンセル待ちセミナーは、キャンセルが発生次第、随時参加可能のご案内をメールにてお送り致します。なお、空席が発生しない際にも開催日3日前までにはご連絡致します。(ご案内が届かない場合は、お手数ではございますが弊社までお問い合わせください)

7.過去にご受講履歴のある同一タイトルのセミナー(地域不問)を再度ご受講頂く際は、半額(50%OFF)にてご受講頂けます。必ず「再受講割引申込」よりお申し込みをお願い致します。セミナー当日にお申し出を頂きましてもお引き受けを致しかねます。

8.受講要件を満たしていないお申込につきましては【お申込保留】となり、別途メールにてご案内いたします。
お申込の際には、必ず受講要件をご確認くださいますようお願い申し上げます。
例:
 セミナーAを受講しないとセミナーBが受講できない
 →セミナーBのみのお申込をされますと保留となり、受講登録は完了されません。

9.諸般の事情により会場や日程が変更になる際は速やかにメール もしくは FAXのいずれかによりご連絡を差し上げます。上記のご連絡に際し、確認状況把握のため、ご返信をお願いしておりますので、ご確認の際は弊社までご一報をお願い致します。尚、ご返信やそれに類するご連絡が確認できない際はお申し込み時にご登録を頂いた電話番号までご連絡をさせていただきます。

10.天災(地震、津波、火災、その他 またそれらに伴う交通機関の遅延や停止、付随する災害など)やその他やむをえない事情によりセミナーの開催を中止させていただく場合がございます。その際は速やかにメール もしくは お電話にてご連絡をさせていただき、振り替えが可能な際は後日改めてご連絡を差し上げます。上記理由から生じる交通機関の不通に対し、交通費旅費等の返金は致しかねますので、予めご了承下さい。

11.お申し込みの際の連絡先の誤記載、誤入力(電話番号・メールアドレス)やメール、電話などの着信制限などによって生じる連絡の遅延などに関し、弊社は一切の責任を負いかねます。

ご希望のお申込方法を選択してください。

  • 通常申込
  • 再受講割引申込