セミナー情報

セミナー検索(リハ職向け)

セミナー検索(ナース向け)

リハノメPT

マイナビ_バナー

  • メルマガ_バナー

書籍・雑誌

★8月15日発行★

★8月15日発行★
リハコネ式!
訪問リハのための
ルールブック

2020年診療報酬改定対応!
地域医療を支える専門職
9職種22名が執筆!


詳しくはこちら
--------------------

★5月12日新発売★

ケアする人をケアする本

臨床よりも、人間関係で疲れ切ってしまったあなたへ。
人間関係力を身に着けられる本をお届けします!


詳しくはこちら
--------------------

★8月15日発売★

訪問リハビリテーション
最新号第10巻3号

2020年8月15日配本
特集は「COVID-19をふまえた
感染症予防と
訪問リハビリテーション」

詳しくはこちら
--------------------

★7月15日発売★

小児リハビリテーション
最新号vol.07

2020年7月15日配本
特集は
「重症心身障害と社会資源」

詳しくはこちら

  • セミナーに参加した方のアンケート
  • 訪問看護ステーション
  • デイサービス
  • 採用情報

セミナー情報

  • HOME
  • セミナー詳細

セミナー情報の一覧に戻る

  • セミナー番号 T20074
【開催中止】臨床に活かす!リハスタッフのための運動機能評価としての運動器画像の読影〜医師とは異なる視点で読む!リハに必要な画像の読み方〜東京会場〜
ねらいあなたのリハの内容が、画像を読んでも読まなくても変わらないのは画像を運動機能評価の視点から読影できていないからです。診断を下す医師の視点とは異なり、運動機能評価の読影では骨折のレントゲンを骨折とは解釈しません。翌日からのあなたのリハが大きく変わる運動機能評価としての画像の読影を学びましょう!
講師瀧田 勇二 先生
白金整形外科病院 リハビリテーション科 理学療法士
講義概要 有効脊柱管前後径が6mmを下回ると脊髄症が発症します。環椎歯突起間距離が拡大している場合は頚椎可動域運動に最大限の注意が必要です。椎間板ヘルニアでは黄色靭帯の肥厚を観察して腰椎伸展運動実施の可否を決定します。腰痛症では椎体終板を観察して運動療法開始時期を決定します。肩峰-骨頭間距離が10mm未満では腱板機能低下を疑います。外傷性腱板断裂のMRIではむしろ筋腹に着目します。手関節外傷では舟状-月状骨間を計測して月状骨モビライゼーションの実施の可否を検討します。TFCC損傷では線維軟骨よりも掌背側橈尺靭帯の観察がポイントです。足部アーチの低下では底側踵舟靭帯の緩みを観察します・・・というように、療法士には診断ではなく“運動機能評価”という視点からの画像読影が必要です。
 研修会の前半ではレントゲンやCT、MRIといった撮影機器の特徴について解説し、後半は実際の画像を提示しながら痛みやROM制限との関連について、読影のポイントをわかりやすく解説します。
プログラム【前半】
運動機能評価の読影(診断としての読影との違いについて)
撮影機器の特徴を理解する(レントゲン、CT、MRI)
MRIを理解する?(T1強調画像とT2強調画像について)
MRIを理解する?(プロトン密度強調画像、T2強調画像、脂肪抑制画像)
MRIを理解する?(拡散強調画像、FLAR画像)

【後半】
運動機能評価としてのレントゲンの読影:写らない組織(筋・靭帯等)をどう読むか
運動機能評価としてのMRIの読影:骨、筋、腱、靭帯、関節唇、その他の読影


※プログラムは追加・変更になる場合がございます。
開催日時2020年7月12日(日)
10:00 〜 16:00 (受付9:30 〜)
会場国際ファッションセンタービル(KFC Hall & Rooms)11階 Room 112
東京都墨田区横網1-6-1
※駐車場などの手配は致しかねますので、公共交通機関をご利用の上、ご来場下さい。
対象理学療法士・作業療法士・柔道整復師・その他

【講師からのメッセージ】
『画像が大切なのはわかっているけど、いまいち画像をリハに活かせていない・・・』、そんな方は是非ともご参加ください。翌日からは画像を読まずにはいられない!苦手な画像を得意に変えて、あなたのリハをバージョンアップさせましょう!
受講料12,800円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
開催日を含め7日前の朝8:00以降からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。
受付状況※開催中止※
 

 

セミナー情報の一覧に戻る セミナー情報の一覧に戻る

セミナーお申し込みに際しての注意点
お申し込みは下にございます、内容をご理解いただいた上で、次へお進みください。

※諸般の事情により、開催日や会場の変更が生じたり、開催が中止になることがございます。
 あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。


1.受付は開講時刻の30分前より開始致します。受付にて受講料をお支払い下さい。お取り扱いは現金のみとなります。

2.会場は飲食可能な会場となりますので、各自でご用意ください。

3.駐車場等の手配は致しかねますので公共交通機関をご利用の上、ご来場下さい。

4.領収書・受講証明書は当日、昼休憩時にご用意致します。
途中でお帰りなられる際は領収書のみ発行致しますのでスタッフまでお問い合せ下さい。

5.セミナー中のビデオ撮影、ボイスレコーダー、携帯電話の録音機能、その他これらに類する行為は原則としてお断りしております。

6.キャンセル待ちセミナーは、キャンセルが発生次第、随時参加可能のご案内をメールにてお送り致します。なお、空席が発生しない際にも開催日3日前までにはご連絡致します。(ご案内が届かない場合は、お手数ではございますが弊社までお問い合わせください)

7.過去にご受講履歴のある同一タイトルのセミナー(地域不問)を再度ご受講頂く際は、半額(50%OFF)にてご受講頂けます。必ず「再受講割引申込」よりお申し込みをお願い致します。セミナー当日にお申し出を頂きましてもお引き受けを致しかねます。

8.受講要件を満たしていないお申込につきましては【お申込保留】となり、別途メールにてご案内いたします。
お申込の際には、必ず受講要件をご確認くださいますようお願い申し上げます。
例:
 セミナーAを受講しないとセミナーBが受講できない
 →セミナーBのみのお申込をされますと保留となり、受講登録は完了されません。

9.諸般の事情により会場や日程が変更になる際は速やかにメール もしくは FAXのいずれかによりご連絡を差し上げます。上記のご連絡に際し、確認状況把握のため、ご返信をお願いしておりますので、ご確認の際は弊社までご一報をお願い致します。尚、ご返信やそれに類するご連絡が確認できない際はお申し込み時にご登録を頂いた電話番号までご連絡をさせていただきます。

10.天災(地震、津波、火災、その他 またそれらに伴う交通機関の遅延や停止、付随する災害など)やその他やむをえない事情によりセミナーの開催を中止させていただく場合がございます。その際は速やかにメール もしくは お電話にてご連絡をさせていただき、振り替えが可能な際は後日改めてご連絡を差し上げます。上記理由から生じる交通機関の不通に対し、交通費旅費等の返金は致しかねますので、予めご了承下さい。

11.お申し込みの際の連絡先の誤記載、誤入力(電話番号・メールアドレス)やメール、電話などの着信制限などによって生じる連絡の遅延などに関し、弊社は一切の責任を負いかねます。

ご希望のお申込方法を選択してください。