セミナー情報

セミナー検索(リハ職向け)

セミナー検索(ナース向け)

リハノメPT

マイナビ_バナー

  • メルマガ_バナー

書籍・雑誌

★8月15日発行★

★8月15日発行★
リハコネ式!
訪問リハのための
ルールブック

2020年診療報酬改定対応!
地域医療を支える専門職
9職種22名が執筆!


詳しくはこちら
--------------------

★5月12日新発売★

ケアする人をケアする本

臨床よりも、人間関係で疲れ切ってしまったあなたへ。
人間関係力を身に着けられる本をお届けします!


詳しくはこちら
--------------------

★8月15日発売★

訪問リハビリテーション
最新号第10巻3号

2020年8月15日配本
特集は「COVID-19をふまえた
感染症予防と
訪問リハビリテーション」

詳しくはこちら
--------------------

★7月15日発売★

小児リハビリテーション
最新号vol.07

2020年7月15日配本
特集は
「重症心身障害と社会資源」

詳しくはこちら

  • セミナーに参加した方のアンケート
  • 訪問看護ステーション
  • デイサービス
  • 採用情報

事務局代行情報

  • HOME
  • 事務局代行情報

事務局代行情報の一覧に戻る

第13回 呼吸ケアと誤嚥ケア学会【事前参加登録】
主催NPOグリーンタウン呼吸嚥下研究グループ
開催日2021年2月27日(土)〜28日(日)
※ZOOMを使用したオンライン開催
要旨今年のテーマは
「在宅で暮らし続けるための専門的ケアを考える〜COVID-19の現状を踏まえて〜」

本会は呼吸と食事(嚥下)という生活では切っても切れないものを支えることを考え
在宅で暮らし続けるためには必要な専門的ケアとは何なのか、ということをテーマに毎年学会を開催しています。

今もなお猛威をふるっているCOVID−19ですが
在宅においては今だからこそ考えないといけない専門的ケアがあります。

今年は、呼吸と食事(嚥下)を支え在宅で暮らし続けるための
専門的ケアを考えることをテーマに開催します。

現在のCOVID−19の現状を踏まえて
著名な講師の先生の講演をはじめ「一般演題」発表、「嚥下食アワード」を開催します。

一般演題では今回はオンラインでの発表とし、現在取り組まれている研究成果や症例発表など
積極的に議論できる場を提供できるように考えています。

「嚥下食アワード」は、より美味しく、より安全に、より美しい嚥下食を追求するコンテストです。
一般家庭から介護施設・病院まで、様々な分野で作られる
『嚥下しやすく食べやすい料理』を実際に作品としてエントリーしていただき
その特徴と工夫点を通じて、嚥下食のクオリティー向上と口から食べる幸せと健康について学ぶ企画です。

初めての方向けのコース、プロの料理人の方や専門職の方に対するコースなど
各種コースにてエントリーをお待ちしております。

この学会の演題発表は失敗を恐れることなくチャレンジすること、経験することを意図としています。
内容の良し悪しではなく、自分や施設の経験や取り組みが誰かの役にたつかもしれない。
そんな気持ちで演題登録をしていただければ幸いです。


一般演題についての詳細はこちらをご確認ください
「嚥下食アワード」についてはこちらをご確認ください
開催方法・タイムスケジュールオンライン開催
※タイムスケジュールは決まり次第お知らせいたします
登壇者一覧(予定)
対象医師、栄養士、介護福祉士、看護師、管理栄養士、ケアマネジャー、言語聴覚士、作業療法士
歯科医、歯科衛生士、柔道整復師、鍼灸師、調理師、ヘルパー、マッサージ師、理学療法士
その他呼吸・嚥下に関わる職種であれば不問
参加登録NPO会員 4,000円(税込)
非会員 5,000円(税込)
※事前振込
エントリー学会参加登録はこちらから

一般演題についての詳細はこちらをご確認ください
「嚥下食アワード」についてはこちらをご確認ください
 

 

事務局代行情報の一覧に戻る